TIZENは、スマートフォンの第三のOSになりえるか

tizen

【ドコモから発売開始?】新スマホOS「Tizen」で出来ること

やはり、TAIZENの特徴は、Webベースであって、HTML5でアプリケーションが開発できることかな。モバイルアプリケーションは、ネイティブでないとというのが現状だが、さて、TIZENは、そこをブレークできるか。

WebベースのOSだから、キャリアはいろんなサービスが展開できることは確かだろう。最近のdocomoのスマートフォンには、いわゆるドコモ謹製のアプリケーションが搭載されているが、androidのアプリケーションとかぶっているものが多い。
docomoから、TIZEN搭載のスマートフォンが出るとすると、ドコモ謹製のアプリケーションが中心のスマートフォンになるのだろうか。

別の側面から見ると、Intelは、多くのiOS、android 対抗の陣営の顔をだしている。スマートフォン/タブレット用のチップビジネスを展開しようとすると、OSの普及が鍵となるから、当たり前の話ではある。iOSのシェアが、Windows/Mac OS 相当のレベルに落ちいつくことは確実だと思うが、android対抗のOSは、さて、どれになるだろうか。

エコシステムをともなうハードウェアビジネスのApple、広告宣伝のプラットフォームを展開するGoogle、ソフトウェアビジネスのMS、それに、TIZENのキャリア・端末型ビジネス。amazon は、はたしてスマートフォンにも参入するか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*