RSSは、死んだのか?新たな情報収集法に移行が必要!?

2013-03-17-GR

Google Reader のサービス停止が発表され、ネット上では多くの情報が流れています。RSSは死んだといわれていたようですが、RSSリーダで情報収集をしていた人も多いはず。

Google Reader の代替えとして、いろんなシステムが名乗りを上げています。Feedly が、第一候補という声が大きいですね。

もちろん、Google Reader/RSS を使うことには、課題もあるのは確かです。

  1. RSSリーダに登録するフィードを増やしていくと、読むのに時間がかかって、読み切れないし、ダブった記事も多くなります。
  2. その記事が、どれだけ注目を浴びているのか、重みがわからない。ただし、多くのフィードに現れる、関連記事を多く見かけるものは、注目を浴びていることはわかりますが、多くのフィードに目を通すという時間が無駄です。

RSSリーダの課題は、大きく、あらたな工夫が必要な時期にきていることは確かです。

たとえば、最近、注目を集めている Gunosyがあります。ただし、RSSリーダで、多くのフィードを購読していると、Gunosy で配信される記事の多くは、すでに目にしたものであり、抜け漏れを防ぐという補完的な機能を果たすにすぎないことに、すぎ気が付きます。

次世代の情報収集ツールに求められるのは、重複を排除すること、そして、注目度を表示することです。そのために必要なのは、記事の内容を理解し、さらに、参照数が多い代表的記事を抽出することではないでしょうか。これは、そうたやすいことではありません。

では、今、何ができるのでしょうか。やはり、Twitterリスト, Facebook購読, google+サークルの活用があげらえそうです。Googleアラートも、もっと活用できそうです。自分なりの情報収集ツールがつくれれば、それに越したことはありませんが、ハードルは高そうです。

いずれにせよ、Google Reader/RSS  から、脱却する必要がありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*